工場換気扇・屋上換気扇・ルーフファン|株式会社 鎌倉製作所

カマクラキーワード

インバータ制御のメリット

製品写真

風量調節が容易になるだけでなく、
騒音低減、省エネ効果を得ることが可能です。


回転数の低下による騒音値の減少

●メリット1 騒音の低減
インバータ制御でファンの回転数を下げると、次式で表されるように、 設置台数が少ない場合より、静かな作業環境をつくることができます。

騒音値の低下量=-50log(n/n0
n:運転する回転数 n0:基準回転数

(例)ルーフファンが10台設置されている工場で、(1)基準回転数のままで7台運転した場合と、(2)インバータ制御で回転数を基準の70%にして10台運転した場合を比較すると、ともに風量は10台フル運転時の70%となりますが、合成騒音値は、(1)の場合で73.5dB、(2)の場合で67.3dBとなります(1台のn0での騒音値を65dBと設定)。インバータ制御を採用した(2)の方が6dB以上も静かになる計算になります。

回転数の低下と必要動力

●メリット2 
省エネ効果 ファンの回転に必要な動力は、次式で表されるように、回転数の3乗に比例しますから、インバータ制御でファンの回転数を下げることで、著しい省エネ効果も得られます。

L=L0×(n/n03
L:必要動力の合計
L0:1台当りのフル運転時の基準必要動力
n:運転する回転数
n0:基準回転数

(例)メリット1の例と同様に、(1)基準回転数のままで7台運転した場合と、(2)インバータ制御で回転数を基準の70%にして10台運転した場合を比較すると、それぞれに必要な動力は、(1):L=7L0、(2):L=10L0×0.73=3.43L0となり、インバータ制御を採用した(2)の方が半分以下の動力ですむことになります
※実際の消費電力はインバータやモータの効率などにより若干異なることがあります。

※ルーフファン以外の製品にもインバータは設置可能です。詳しくはご相談ください。

このページのトップへ


お問い合わせはこちら

製品に関するご質問や見積依頼などお気軽にお問い合わせください。